アルゴリズムとは。What's Algorithm ?

タイトルとは関係なく、色んなこと備忘録として記述していこうと思います。

zshをiterm2に対応 Mac

zshをiterm2に対応 Mac
※2017/05/12の実施内容

 

Homebrewでzsh導入&oh-my-zsh初期設定まとめ
http://vdeep.net/zsh-oh-my-zsh
を参考にさせていただきました。

 

まず現状を調べる

zshは、Macにデフォルトで入っているらしい。

$ zsh --version
zsh 5.2 (x86_64-apple-darwin16.0) 

→バージョン5.2が入っている

 

現在のシェルの環境変数

$ echo $SHELL
/bin/bash

最新バージョンを使うために、
Homebrewでzshを取得する

Homebrewは、Rubyのときに導入済み、Gitでも使った
(記事準備中)

 

ちなみに、Homebrewでインストールしたものは、
/usr/local/binに入るらしい。

$ pwd
/usr/local/bin
$ ls

(ry)

今はまだzshはない

まず
brew info zsh でインストール可能なzshのバージョンを確認

$ brew info zsh
zhs: stable 5.2 (bottled), HEAD
(ry)

ん?5.2 ?
今と変わらない???


まずデフォルトで入っているZshを使ってみる


とりあえず、インストールは後回しして、
シェルを切り替える方法を確認

シェル変更対象は、
/etc/shells に記述

$ pwd
/etc
$ cat shells
(ry)
/bin/bash
/bin/csh
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh

今はTopの/bin/bashが選択されている(のだろう)

もし、Homebrewでzshをインストールしたら、
/usr/local/bin/zsh を追記する

今回はまず、/bin/zshに切り替える

$ chsh -s /bin/zsh
(PCのパスワードも入力)
$ echo $SHELL
/bin/bash

まだ変わっていない(ターミナルを再起動させる)

$ echo $SHELL
/bin/zsh

再起動したら、変わった!


やっぱりだけど、Gitの補完とか、ブランチ名とかなくなっている
bashの設定ファイルに記述したんだもんな。

 


やっぱりサイトからインストールして使ってみる

 

よし、やっぱりサイトのようにインストールするか!
インストール先:
http://vdeep.net/zsh-oh-my-zsh

Gitとか補完してくれる
zsh-completions」もあるようなので。

 

$ brew install --without-etcdir zsh
(ずらずらと流れる)


10分くらいかかった。
たぶん成功

/usr/local/bin にもzshが入った


次はこち

$ brew install zsh-completions


こっちは一瞬
これは
/usr/local/cellarに入ったようだ

これを対応させるのに
.zshrcに追記するようだが、まだHOMEにはない

$ cd
$ ls -a
(ry)

シェルを切り替えたらでるかな?
環境変数ファイル(etc/shells)を編集する

$ pwd
/etc
$ vi shells
(ry)
/bin/bash
/bin/csh
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh
/usr/local/bin/zsh ←追記

:wqで保存終了しようとしたら失敗

W10: Warning: Changing a readonly file

sudo で開いていないから、readonlyで編集失敗

sudoで開く

$ sudo vi shells
PCのパスワード

普通にvi編集
:wqで保存OK

中身確認

$ pwd
/etc
$ cat shells
(ry)
/bin/bash
/bin/csh
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh
/usr/local/bin/zsh

OK

chshコマンドでログインシェルを切り替える

$ chsh -s /usr/local/bin/zsh
(PCパスワード)

シェル再起動


初期画面に何か文字出たけど、Enter押したらOK

$ echo $SHELL
/usr/local/bin/zsh

もOK


さて、次はoh-my-zshの導入

 

$ sh -c "$(curl -fsSL https://raw.github.com/robbyrussell/oh-my-zsh/master/tools/install.sh)"


なんか、ちょー良くなった!!
色もついたし!

HOMEに、.zshrc もできた

編集仕様

$ cd
$ vi .zshrc

ZSH_THEME="candy"

一番下に、
# zsh-completionsの設定
fpath=(/path/to/homebrew/share/zsh-completions $fpath)
autoload -U compinit
compinit -u

 

シェル再起動

Gitの補完も、ブランチもOK
とういか補完が大文字小文字の区別なくなった!

 

メモ


control + r 履歴を使って便利

git log
画面切り替わる
Esc > : q で戻る


参考サイト


Homebrewでzsh導入&oh-my-zsh初期設定まとめ
http://vdeep.net/zsh-oh-my-zsh
今回のメイン。ほとんどこの通りに行った。
.zshの設定はすべてじゃないので、いつか残りもやってみよう

iTerm2 と zsh のインストールと基本的な設定
http://qiita.com/bird_tummy/items/bd063f0d7eb18287fec1
確認と比較として見た

ターミナルのコマンド履歴入力がスーパー楽になるzsh + oh-my-zsh + pecoの導入手順メモ。
https://wayohoo.com/unix/zsh-oh-my-zsh-peco-of-installation-procedure.html
pecoってなんだろう。今回は見送り

Macapache設定のための、ターミナル起動からの、viの操作
http://tomomeg.hatenablog.com/entry/2014/02/26/113251
sudo(管理者)で開くために参考にした。
Linuxはvisudoだけど、
Macはsudo vi なんだなー